読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粉浜街道 壱八弐 粉浜商進会

大阪市住之江区にある粉浜の起点『粉浜村道路元標』から続く182mの商店街

粉浜街道壱八弐亭 桂 九雀さんの落語の日

桂九雀さんと、九雀さんの落語教室の生徒さんをお呼びして、

平成28年4月2日(土)に粉浜街道  壱八弐亭で落語会を開催しました。

f:id:kohama182:20160502215441j:plain

会場は、粉浜街道 壱八弐のほぼ中央に位置する以前の「ナカマエレコード」店。

落語の日だけは、模様替えして「粉浜街道  壱八弐亭」になります。

開演は15時。

まずは、桂九雀さんと勧進元(商進会会長)から、全ての席を埋めていただいたみなさまにご挨拶。

勧進元は、気合がかかり過ぎて、和服での登場です。

一方で、九雀さんは、蝶ネクタイにベストで登場。

わざと?互いに合わせたつもりが、何だか逆の装いに。。。

f:id:kohama182:20160502115557j:plain

勧進元に弟子入りを勧める九雀さん。

勧進元をいじりながらの軽快なおしゃべりで、お客様の笑う準備が整っていきます。

さて、緊張の一席目は、落語教室で学ぶけんちゃんさん。

f:id:kohama182:20160502115615j:plain

古典「阿弥陀池」で会場を和ませていただきました。

続いては、ひろりさんの一席。

f:id:kohama182:20160502115632j:plain

 九雀さんもたびたび演ずる「僕は廃品回収業」。

そして、中入り前の最初の桂九雀さんの一席は、「茶の湯」。

滑らかなおじゃべりが、落語の世界へと引き込んでいきます。

f:id:kohama182:20160502115654j:plain

ここで、中入り。

中入り後の最初の一席は、4月から中学生になったばかりの

六斎亭空念仏さん。

f:id:kohama182:20160502115711j:plain

中入り後で、会場が少しざわついていましたが、

「十徳」の一席が始まると、お客様は再び落語の世界へ。

中学生とは思えない経験を積んだ語り口が、目の前に場景を浮かびあがらせます。

大取は、本日、二席目の桂九雀さん。

真田小僧」で、会場は笑いの渦中へ。

落ちの後も、満席のお客様は、しばらく名残を惜しんで席を離れられませんでした。

お越しいただきましたお客様、粉浜街道に笑いを運んでいただいた桂九雀さん、落語教室のみなさんには、感謝!感謝!です。